新潟県BBS連盟 会長・副会長会議報告

 先だって会長・副会長で来年度の方向性について話をしました。
今年は「身軽な県連。動く県連!!」として新しいことにどんどんチャレンジしていく県連にしたいと思います。以下報告します。
 本当は各地区会の意見を取り入れながらとも思いましたが、方向性については以下の通りやってみようと思います。新しい会員獲得・そしてやってて楽しいBBSにしませんか?ご協力のほどよろしくお願いいたします。
来年度について

1.総会について
5月28日(土)15:00〜
会場については保護観察所で行いたいと思います。各地区の皆さんの参加をお願いしたします。

2.関東地方BBS連盟の理事について
関東より依頼もあり、近さんにもう一期お願いする。

3.来年度の方針
・各地区会の活性化
  定例会の充実などを行ってきたがもう少し掘り下げ、BBS活動の魅力をどう他の人に伝えるか?   いかに新しい会員を作っていくか?というところも含め、活性化について検討していきたい。
・県連助成行事
  こちらについては、例年通り、新潟少年学院訪問・有明高原寮訪問・川岸寮交流会を念願に置く。
  新潟学園については現在新潟地区会もほとんど行っておらず、地区会と相談し定期訪問についての方向性と検討していく。
・社明行事と県連研修会
  対外的にBBSを含め、更正保護活動について世間に広く知らせる必要性と、県連主催会員研修会のあり方について検討したい。
  地区会で例会と行うための手段として、また研修会の日程についても含めて検討し、7月の社明月間に子供の広場のようなイベントを行い、それを県の研修と位置づける。という内容を検討中。そのイベントの内容については各地区会に割り当てを行い、定例会での検討事項としてもらう。
  今後、関係機関との相談もふまえて、各地区から、意見・同意を得られれば、今年度の活動として、県全体として動いていくこととする。この活動を通し、新しい会員の獲得につなぐ。
  先日観察所の方とも話しをしてきましたが、ぜひやってみては?という話になり、4月22日県社明実施委員会で提案してみようと思います。
  その中で、観察所・保護司・更女との連携を測りながら計画をしていきたいと思います。
  総会が5月末なので、できれば1度会長会を開催し、この内容についての検討を行いたいと思います。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

以上を先立っての会議で決めさせていただきました。皆さんのご意見をお聞かせいただくと大変ありがたいです。まずは、やってみて考えるということを実践してみようと思います。

※保護観察所吉川地域振興課課長が近さんの職場の酒蔵見学をしたいといっていました。
 近さ、ぜひ観察所とBBSの交流会も含めてご検討いただけるとありがたいです。
 夏場の見学でいいとのことです。皆さんもぜひご参加ください。

以上、年度末ぎりぎりに申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

新潟県BBS連盟
会 長 岩城 真理
副会長 斉藤 正樹