新潟県BBS連盟のHP「友愛」

新潟県BBS連盟のホームページです。 ブログ形式で情報を発信しています!

2006年08月

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 全公立小で“放課後教室”…共働きには時間延長も
全公立小で“放課後教室”…共働きには時間延長も
 文部科学省と厚生労働省は、来年度から全国すべての公立小学校で、放課後も児童を預かることを決めた。
 スタッフは教員OBや地域住民で、勉強やスポーツのプログラムを用意して、児童が放課後を学校で過ごす環境を整えるほか、共働き家庭の子ども向けには、さらに時間を延長する。
 子どもが安心して遊べる居場所づくりや、子育ての負担軽減による少子化対策につなげるのが目的で、2007年以降、大量退職する教員に活動の場を提供する狙いもある。両省では、来年度の総事業費として約1000億円を見込んでいる。
 今回の事業は、全児童対象の時間帯と、それ以降の、親が留守の家庭の子どもを対象とする時間帯の2本立て。小学校内での活動が基本で、空き教室や体育館、校庭などを利用することを予定している。
(読売新聞) - 8月29日14時41分更新

9月中に2回、エコワーク活動があります。
場所もけっこう良い場所なので、誰か参加される方いませんか?
瀬波には、参加したいと思っています。(半分、釣りが目当てです♪)

9/2 エコワーク ゴミ0ACTION IN 瀬波温泉でみんなの海をきれいに
https://uxtv.jp/ecowork/index.php?m=69

9/16 エコワーク 里山ACTION IN 秋葉山
https://uxtv.jp/ecowork/index.php?m=70

詳細はそれぞれのHPをご覧ください。

Yahoo!ニュース - impress Watch - 環境省と東大、環境問題がクイズでわかるエコロジーな携帯サイト
環境省と東京大学は、イマジニアの企画・運営・開発の下、iモード向けのエコロジー促進サイト「みんなでエコトレ!」をオープンした。これに伴って21日、環境省の大臣室で会見が行なわれた。
 「みんなでエコトレ!」は、環境問題への意識・関心を高めるクイズなどが楽しめるiモードサイト。環境省、東京大学・東京大学生の協力の下、イマジニアが運営する。利用料は無料。
 東京大学生が作成し、同大学が監修した環境にまつわるクイズコーナーや、環境省協力によるニュース、コラム、動画配信などが無料(通信料はかかる)で楽しめる。また、温室効果ガス排出量の6%削減を目指すプロジェクト「チーム・マイナス6%」への参加受付や、エコロジー商品の販売コーナーなども設置する。
 クイズは、地球温暖化や水や食糧、人口、エネルギー、ゴミ問題など、幅広い環境問題を学生の視点で取り扱う。チームや個人でクイズに参加し、ランキング形式で獲得ポイントが競い合えるようになっている。
 アクセス方法は、公式メニューの「働く/住む/学ぶ」→「STUDY/資格」からアクセスできる。なお、EZweb・ボーダフォンライブ!版も8月下旬以降に順次オープンする予定だ。
 21日の会見には、環境大臣の小池百合子氏のほか、「エコトレ」イメージキャラクターの倉木麻衣らが登場。小池大臣は「ゲームを楽しみながら、同時に(環境への)危機感を持って欲しい。環境問題は地球規模なので、ゲームも地球規模へ拡げていきたい」と語った。また、倉木麻衣は自身の環境への取り組みについて語り、エアコンの温度を少し高めに設定するなど、身近なところから始めているとした。
 このほか、会見には、東京大学総長の小宮山宏氏、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 地球持続戦略研究イニシアティブ統括ディレクター教授の住明正氏、イマジニア代表取締役会長兼CEOの神藏孝之氏、NTTドコモの執行役員 プロダクトサービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏が出席。携帯電話を使った環境への新たなアプローチに意欲を見せていた。

■ URL
  ニュースリリース(環境省)
  http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7418
  ニュースリリース(イマジニア、PDF形式)
  http://www.imagineer.co.jp/pdf/060821.pdf
(津田 啓夢)

2006/08/21 19:36

このページのトップヘ