Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <防犯ボランティア>全国で8079団体 1年間で2.6倍
防犯パトロールなどの自主防犯活動を行う地域住民・ボランティア団体(防犯ボランティア団体)が、04年末で全国で8079団体に上ることが警察庁の調査で分かった。03年末の3056団体の2.6倍で、構成員数も17万7831人から52万1749人と約2.9倍になった。同庁は「地域の安全・安心は自分たちの手で守ろうという意識が広がってきた表れ」とみている。
 町内会・自治会員による団体は4230団体(構成員数27万5289人)と過半数を占めた。一方で、クラブ活動などを中心にした大学生による団体が7団体(同155人)から20団体(同5907人)に急増。愛犬家仲間が散歩の際にパトロールを行う東京都世田谷区の「砧町町会わんわんパトロール隊」など、柔道家らが地元住民に護身術を教える同文京区のNPO(特定非営利活動法人)「くろおび」などもあり、活動の広がりを見せている。
 警察庁は今年度、総額2億2500万円をかけて「『地域安全安心ステーション』モデル事業」を進めている。現在、全国100地区で地域の自主防犯活動の核となる団体を選定中で、懐中電灯などのパトロール用品の無償貸与やボランティア保険の加入費用の補助などの支援をする。【河嶋浩司】
(毎日新聞) - 5月12日11時4分更新