20050626TeamEcoTeamECOごみゼロウォーキングIN寺泊に参加してきました。ヽ(´ー`)ノ
30度を超える暑い日でしたが、約240名の参加者がありました。簡単にレポートします。

20050626TeamEco受付開始が9時半からでした。もうちょっとゆっくり出てきても良かったかな?(1時間前にはもう会場についていて暇でブラブラしていました。(^^ゞ)

20050626TeamEco受付はなかなかスムーズでしたが、人数が多いのでちょっとそれでもかなりの行列が出来ていました。最初気づかなかったのですが、受付で軍手やゴミ袋を手渡してくれていた娘たちは、新潟初のアイドルユニット「Negicco(ねぎっこ)」だそうです。

20050626TeamEco潮汁の準備も万端のようです。始まる前からカニの出汁の香りがすごくしていました。

20050626TeamEco開会式です。参加者は老若男女いましたが、若い世代が多い印象でした。学生のサークル参加や小さな子供を連れた親子が多く見られました。<

20050626TeamEco今回の清掃区域は海水浴場から少し外れた防波堤側でした。すでに海水浴場区域は町の皆さんで一斉清掃をやったばかりだそうです。(^^ゞ
それでも、風が吹けばすぐにゴミがどこからともなくやってきて堆積するとのことです。


20050626TeamEco真剣にゴミを拾っていたので、肝心の作業中の写真がありません・・・。こちらは集まったゴミの袋を「バケツリレー」で入り口まで運ぶために隊列を組んでいるところです。
 ゴミの量は拾いきれないほど膨大で、大きなものはタイヤやバイクの部品、パソコンのモニタ等もありました。他に目立ったものはビニール袋、切れた縄や網(漁業?)、ペットボトルや空き缶、プラスチックの容器、場所柄?か、サンダルや靴もイッパイ拾いました。最初、流木も拾うことになっていましたが、量が膨大すぎて無理?ほとんどの人は無視してました。


20050626TeamEco正味1時間弱の作業時間でしたが、これだけのゴミが集まりました!一応、燃えるゴミと燃えないゴミで袋が分かれていましたが、正直言ってほとんどが燃えないゴミ、しかもリサイクル不可能な埋め立てするしかしょうがないゴミたちでした。波で打ち上げられたり不法投棄的なゴミの量は膨大で、200名以上いても「ゴミ撲滅!」には遠く及ばないレベルでした。

20050626TeamEcoゴミの前で記念撮影する人がけっこういました。短い時間でしたがこのゴミの山を見るとなかなかの達成感がありました。また、ゴミ袋のバケツリレーはちょっとした一体感を感じました。

20050626TeamEcoベーステントに戻り、飲み物と参加賞の石鹸、それとスタンプカードをもらいました。今年からスタンプカードを発行し始めたそうですが、5点、10点集めると素敵なプレゼントがあるそうです。すでにパーフェクト参加でプレゼントをもらっている方もいました。(潮汁の画像が無いですが、ちゃんといただきました。ヽ(´ー`)ノ結局組合の皆さんが気を使って使い捨ての容器を準備してくださっていたので、自前の食器は使わなくてOKでした。(^^ゞ)

20050626TeamEco「ねぎっこ」のインタビューシーンです。アイドルっぽいオーラが無いところが逆に良い?(フツ〜に他の参加者とゴミを拾っていましたし・・・。(^^ゞ)
実は今まで存在を知りませんでしたが、地元のアイドルユニットということでみなさん応援してあげてください。Negiccoオフィシャルサイト