新潟日報 NIIGATA NIPPO NEWS
 ▼心のケア 県や県精神科病院協会など11団体が20日、「7・13水害」で心理的外傷を負った被災者を支援する「こころのケア対策会議」を新潟市の新潟ユニゾンプラザ・ハート館内の精神保健福祉センターに開設した。被災自治体からの要請に応じ、精神科医や精神保健福祉相談員らを派遣、避難所を中心に診療、相談活動を行う。
 ▼心のケア 県や県精神科病院協会など11団体が20日、「7・13水害」で心理的外傷を負った被災者を支援する「こころのケア対策会議」を新潟市の新潟ユニゾンプラザ・ハート館内の精神保健福祉センターに開設した。被災自治体からの要請に応じ、精神科医や精神保健福祉相談員らを派遣、避難所を中心に診療、相談活動を行う。
 被災者の心の悩みを聞く電話相談窓口も開設。同センターの職員や臨床心理士が相談役となる。受付時間は午前8時30分から午後10時まで。フリーダイヤル、0120(913)600、有料電話は025(281)5773へ。
 ▼災害関連情報コーナー 県は20日、携帯電話版ホームページに、被災者に必要な生活情報などを盛り込んだ災害関連情報コーナーを開設した。仮設住宅の申し込み方法、灯油タンクやプロパンガスタンクを取り扱う際の注意事項、ボランティアに参加する際必要な装備などを掲載している。今後、義援金受け付けなどの関連情報も追加する。インターネットに接続できるすべての携帯電話から閲覧可能。パソコンからも見られる。アドレスはhttp://www.pref.niigata.jp/m/
[新潟日報 07月20日(火)]
( 2004-07-20-20:56 )