新潟少年学院運動会に見附地区の親松さん、新潟大学の下沢さん渡邊さんが参加してくれました。

少年学院の運動会には毎年、長岡地区会と見附地区会が参加しており、
運動会の運営をお手伝いしたり、院生たちと交流を深めたりしています。

以下、渡邊さんからのレポートです。

10月6日(土)、長岡市にある新潟少年学院にて、大運動会が行われました。
就業課程ごとに第1から第3の3つの寮に分かれた、約60名の少年たちが競技に参加し、寮ごとの得点を競い合いました。
普段は遠方にいて、なかなか少年と会うことができない保護者の方々や、来賓の方々など、多くの方々が、運動会に訪れました。

私たちBBSは今回、ゴールテープの用意や、用具の準備・片づけなどのお手伝いをさせていただき、少年たちが一生懸命に競技に励む姿を間近で見ることができました。
特に、少年たちの精一杯走りぬく姿、互いに声を掛け合って大縄跳びをする姿は大変印象的でした。
競技の中には、保護者の方々も参加できるものもあり、少年とご家族の和やかな触れ合いも目にすることができました。
競技の後は、来場者全員で一つの円を作りフォークダンスを踊りました。私たちも、少年、ご家族、来賓の方々と一体となって、ダンスを楽しみました。

今回のお手伝いを通して、少年学院の生活に触れることができました。今回の体験を今後のBBSの活動に役立てていきたいと思います。

DSC00639